2019.4.30 東日本大震災慰霊祭 in 岩手県 開催!

2019年の「世界144,000人の平和の祈り」では
大きな二つのミッションを活動方針にしております。

2019年4月30日『平成最後の日』に
『東日本大震災慰霊祭』を開催するプロジェクト

 

4月30日(祝)

東日本大震災慰霊祭 in 岩手県
東日本大震災の慰霊と平和の祈り合わせ

参加お申込みの受付開始しました!

お申込みは、こちら↓↓↓
https://pro.form-mailer.jp/fms/2ef5d714161905

 

是非多くの方にご参加・祈り合わせをお願いしたいと思います。

村中愛 副会長からのメッセージをご紹介します。

***********

【2019年1月6日】東北で平和の祈り

人は誕生の時に元気で生まれて来て欲しいと祈られ、
亡くなった時には感謝の祈りを捧げられ、お別れをします。
「人は祈りで始まり、祈りで終わります」
2019年4月30日、平成最後の日に、平成最大の災害地で平和を祈りましょう。

平和の祈りをする前に「平和とは何でしょう!?子どもに平和とはなにって聞かれると、なんと答えますか!?」と質問をしてみたいと思います。

「平和とは何か」を日本語字典で調べると、社会状況が戦争や内乱が無く乱れていない状態と書かれています。
平和とは、戦争や紛争や内乱がなく、世の中が穏やかな状態にあることを表現しています。
また、心配やもめごとがなく、心が穏やかなこと。また、そのさまとあります。

日本は1945(昭和20)年8月15日に終戦を迎えています。その後の日本は“平和な国”です。
戦争も紛争も内乱もないのですから、全国民、全員が平和なのです。

でも、平和と感じる、平和と心から思っている人が少ないように思います。
子どもたちはいじめや虐待で苦しみ、若者は低所得や職業難で苦しみ、
大人は健康や年金、老後問題で苦しみ、その結果、年間3万人以上が自殺して自らの命を絶ちます。

平和は、心のとらえ方です。
苦しいから不幸と考えるのではなく、苦しい中にも幸せや楽しみがあります。
さびしいから不幸と考えるのではなく、さびしい中にも幸せや楽しみがあります。
辛いから不幸と考えるのではなく、辛い中にも幸せや楽しみがあります。
心から幸せと感じられる人は幸せです。

苦しい、さびしい、辛いという気持ちになるのは突発的に家族や愛する人と別れた時です。
災害や事故で家族や愛する人と別れた時、その気持ちは言葉では表現できないものです。

平成で一番死者や行方不明が多かった災害は、東日本大震災です。
辛く、さびしく、苦しい7年間だったと思います。
だから、平成最後の日には自ら東北に行き、みんなの手でお詫び文を海に流して祈りましょう。
心を込めてお詫びして、心を込めて平和に感謝して祈りましょう。

水に溶ける紙には亀を書きます。
亀は海の神さまの使いと言われています。
日本昔話の浦島太郎でも出てくるように亀を助けることで海の神さまから福徳を頂き、幸せなことが起るといわれていますので、東北のお詫び文には亀を書き、亀の絵の枠中にお詫び文や故人の名前も書いてくださっても結構です。
お詫び文にお花も添えて流してくださることを切に願います。

***********

【2019年1月12日】東北で平和の祈り 2

六角形の構造は一方向から強い力が働いても五方向から戻す力が働き、動きに対し強弱のバランスが取れるようになっています。
また、六角形は秘密の角があり雪の結晶、水晶の平面・昆虫の複眼・亀の甲羅など自然界の生物にも見ることができます。
六角形は力学的構造で最も安定した力を持っているために、国道の道路標識や新幹線、飛行機の構造体にも使用されています。
図形的にもバランスが取れていますから、東北で流すお詫び文の折り方は亀の甲羅と同じ六角形で折って仕上げてください。

お詫び文を書かれる方は、書いた後でお詫び文を両手で挟んで祈りを捧げてからお出しください。
海に流す代表の方も祈りを捧げてから海に流してください。
たくさんの人がお詫び文を書き、たくさんの人の手で六角形の紙を折り、たくさんの人が同じ場所で祈ることでたくさんの人の魂が癒されます。

2001年9月11日 同時多発テロがアメリカ合衆国で起こりました。
2011年3月11日 東日本を中心に地震が起こり、平成年号中での最大の地震が日本に起きました。
2021年6月11日 世界を揺るがす事件が起きる可能性があります。
いかなる災害も人口災害も止まる、止める思いで、みんなが1つになって祈りましょう。

思いを1つにするためには大勢の人数が必要です。人数は力です。平和を祈る力が必要です。

***********

2016年から世界平和の実現を
日本から発信することを目標に開催を続けている
『世界144,000人の平和の祈り』という活動も、
2019年になり、4年目を迎えることができました。

世界平和の実現に向けて、平和意識を合わせるために
世界中から有志の方からのご協力を集めている
「祈願木」や「お詫び文」や「写経帳」についても、
毎年、延べ一万件以上のご協力をいただいており、
『祈り合わせ』にも力を注いでいただいております。

その結果、2018年12月に、任意の団体だった実行委員会も
『NPO法人世界平和の祈り」として組織化できました。
皆様のご支援とご協力の賜物だと、深く感謝しております。

さて、間もなく、平成というひとつの時代を終えます。
この度、東日本大震災の慰霊祭を、
NPO法人世界平和の祈り で開催を行います。

多くの皆様に、現地でのご参加、
地元での祈り合わせをお願いしたいと存じます。

また、『特別なお詫び文』も作成いたしました。
『お詫び文』のご協力も、合わせてお願いします。

 

『平和とは何か?』を問い続け、『祈り』続ける事を、遂行していきます。

心をこめて祈り、心を込めて平和に感謝しましょう!
皆様のご参画を、心からお待ちしております。

 

【日 時】 
4/30(祝)
集合 13:30~

開始 14:00~15:30

直会 18:00~20:00
※直会のみ、別途 6,000円(税込)が必要です。

 

【参加費】
無料
※直会のみ、別途 6,000円(税込)が必要です。

 

1)お住まいの地域(地元)での参加
4月30日(祝)15:00 から、
およそ5分間、祈り合わせを行います。

世界144,000人の平和の祈り
東日本大震災慰霊の祈り合わせ

世界144,000人の平和の祈りのことば をご唱和の上、
世界が平和であることに意識を合わせて、お祈りください。

※お詫び文を事前に郵送でお送りいたします。
記載後、事務局までご返送ください。

 

2)現地(岩手県山田町)での参加(参加費無料)
13:30 岩手県山田町 魚市場の予定
※集合場所は、このサイトで改めて、お知らせします。

到着された方から、窓口にて受付を行ってください。

14:00 慰霊祭の開催

15:00 世界144,000人の平和の祈り・東日本大震災慰霊の祈り合わせ

15:15 お詫び文(水溶紙)を海上にて流す(代表者のみ)

15:30 解散

原則、現地集合・現地解散となっております。
参加料は無料で、一切、必要はございません。

お申込みは、こちら↓↓↓
https://pro.form-mailer.jp/fms/2ef5d714161905

——————————————

【NPO法人 世界平和の祈り】

2018.12.10 NPO法人になりました。

Email:   pray@144000.jp

〒780-0822
高知県高知市はりまや町1-7-7 川村ビル4階

Tel : 088-882-1081 ㈱クリーク内
Fax : 088-856-9113

住所・氏名・電話番号・あればメールアドレス
1,直会(有料です)への参加の有無
2、宿泊の手配の有無 3、お詫び文の数(書きたい方)

をお書きください。

窓口:平日 10:00 ~ 16:00
土日祝日はお休みです。

『NPO法人 世界平和の祈り』は
政治団体、宗教団体との関わりは一切なく、
また、それらの勧誘も行なうことはありません。

国、政治、人種、宗教、価値観、思想など

これまで築かれたあらゆる境界を超えて、
平和について見て、感じて、考えることで
10年後、100年後の私たちの次の世代の世界が、
明るく、平和で、豊かな社会になることを
願って、組織された実行委員会です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です